九州へ食材を巡る旅 レポート vol.1

先日、SARU白金はお店を3日間お休みして、九州へ食材を巡る旅をして来ました!
今回はレポート第1弾です。

佐賀県嬉野市 ナカシマファームさん

SARU白金の常連さんの知り合いでもある酪農とチーズ作りを営んでるナカシマさん。

堆肥を作り土を耕して牧草を作るところから始まり、牛を育て、搾りたてのミルクからチーズを作るまで、全て自分たちで手掛けています。

牛はストレスで鳴くそうで、徹底した健康管理で飼育された牛たちはとってもリラックスしていて静かにのんびりしているように見えました。
バイオベットという堆肥とおが屑を混ぜて、微生物で糞をした瞬間から分解が始まるようにした床も匂いが全くなく気持ち良さそう。

ナカシマファームさんでは「世界一新鮮なモッツァレラチーズ」を作っていて、朝の5時に絞った乳からモッツァレラチーズを作り、その日の14時に販売しています。
この日も県内や県外からたくさんの人が買いにいらして、車の行列が出来るほど大人気な様子でした。

さて、「世界一新鮮なモッツァレラチーズ」を私たちもいただくことに。
出来立てホヤホヤのチーズは繊維がしっかりとしてシャキシャキとした歯ごたえでとってもフレッシュな味わい。
他にも、ゴーダチーズやカマンベール、乳清(ホエー)から作られるブラウンチーズなど様々なチーズを試食させていただきました。