九州へ食材を巡る旅 レポート vol.2

先日、SARU白金はお店を3日間お休みして、九州へ食材を巡る旅をして来ました!
今回はレポート第2弾です。

レポート第1弾はこちらから

佐賀県有田町 川久保農園さん

焼物の街 有田で、平日は会社員、土日は農作業という兼業をされている川久保さん。

小さな畑では所狭しと様々な作物が植えられていて、何がどこに植えられているかは本人にしかわからないほど。

「自分の子どもに無農薬のものを食べさせたい」という想いから畑を始め、今ではレストランや地元の個人の方に卸すほどに。
無農薬で育った力強い野菜やハーブ、花(食べられる)たちを楽しんでもらいたいとおっしゃっていました。

「畑にあるものはなんでも食べられるよ」という川久保さんのご厚意で、畑の野菜やハーブを摘んでサラダを作らせていただくことに。
隙なく植えられた作物に足の踏み場が分からず、各々怖々と収穫へ(笑)。
何度か作物を踏んで怒られつつも、無事収穫を終えサラダ作りに。
塩とオリーブオイル、そして前日訪れたナカシマファームさんのモッツァレラチーズでサラダが完成!
花の彩りが美しい贅沢なサラダに仕上がりました。

素材の味が良いとこんなに美味しいんですね。
ナカシマさんのチーズに全く負けない、力強い野菜の美味しさでした。

SARUの原点である「素材の味を活かす」という教訓を噛みしめ、今後もお店づくりをしていこうと思うのでした。