九州へ食材を巡る旅 レポート vol.3

先日、SARU白金はお店を3日間お休みして、九州へ食材を巡る旅をして来ました!
今回はレポート第3弾です。

レポート第1弾はこちらから

レポート第2弾はこちらから

佐賀県嬉野市 副島園さん

三代続く茶農家の副島さん。
四方を山に囲まれた盆地に連なる段々畑、SARUスタッフは出身も様々なので、茶畑を見慣れた者も初めて見る者もいます。
どちらにとっても、午前の茶畑は空気も澄んで圧巻の景色でした。

20年程前から無農薬・減農薬に取り組み始めた副島園さん。
大量に作るよりも、品質の良いものを飲んでもらう人たちに直接届けたいという想いから、現在は全て直売だそうです。

緑茶、紅茶、烏龍茶、ほうじ茶など、様々なお茶がありますが、実は同じお茶の木から作られるのはご存知でしたか?
茶葉を発酵させたり、させなかったり。
仕上げの加工によって、お茶は様々に姿を変えます。
副島さんも様々なお茶を作っており、私たちはその中から緑茶、烏龍茶、ほうじ茶をいただきました。
これが感動の美味しさなんです!
思わずスタッフの殆どがその場で購入してしまうほどの美味しさ。
土づくりと肥料にこだわった製法はお茶の甘みやコクは勿論、渋みもきちんとありバランスが取れた味わいでした。

SARU白金では考案中ではありますが、この美味しい副島園さんのほうじ茶を使ったデザート「ほうじ茶カタラーナ」を予定しています。